【お金のために「つまらない仕事」をし続けるサイクルから抜け出す方法】

仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?

それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。

ここでは、「隷属的賃金労働」から抜け出す方法と、「積極的賃金労働」で成功を収めた人のエピソードを紹介します。

退屈なのは業務内容のせい?
スキルは最大限発揮せよ

まず、仕事が「隷属的賃金労働」に変わってしまい、自らを、そして他者をも蝕んでしまう例をあげましょう。

仕事に何の興味も喜びも見出だせないと仕事は即、隷属的賃金労働に変わってしまいます。

それは業務内容によって決まるわけではありません。

コピーとりなど、極めて単純な作業に見えても個人差はとても大きいのです。おそらく「能力より仕事に対する姿勢の問題」と思われます。

工夫して問題点を解決しようとする人と、時間も短縮できず毎回同じようにミスする人との間には、日々違いが生まれていきます。

後者の場合、隷属的労働への道を自ら選んでいるといえるでしょう。

案外あなどれない!?
「社内うつ」の危険性は
素早く察知せよ

隷属的労働に向かわせるのは個人の意識の問題ばかりではなく、労働環境も大きな要因となります。

現在、仕事や人間関係のストレスにとって作業能率の低下や職場忌避に陥る「社内うつ」が社会問題化。

うつの症状は、眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない状態が続くことです。

原因は多様ですが、景気後退による経済的な不安や、職場、家庭、人間関係など、あらゆる角度から襲ってくるストレス、長時間労働による過労から発症するといわれます。

「解雇不安」も大きなストレス要因となっています。使命感や達成意欲の強さから、「隠れ疲労」を蓄積、過労死を起こしてしまう会社員もいます。

嫌になりそうなときは、
「空気の入れ替え」を

労働環境について考えることは、自らの身を守る上で不可欠の事柄だといえるでしょう。

たとえば、上司との飲みの席で自慢話や愚痴、カラオケをうんざりして聞いている時間は、部下の労働の質を落とすことになる。

それにさえ気づかない上司が幅を利かせている会社、部署はいずれ崩れていきます。

「いやならば辞めてしまう」のではなく、「いやならば辞めることも可能なのだ」と考え、その可能性を留保しつつ、今の問題に向き合ってみる。

たとえば、学校でいじめられたとき、転校するとか学校に行かない選択肢もあると考えた上で、問題解決法を探ってみる。人は自分のいる状況が閉塞したときに「そこしかない」と思いがちで、その空気に縛られてしまうのです。

「空気を読み」ながらもその空気に支配されずに、「空気を変える」ための可能性を手繰り寄せることが大切なのだと思います。

「積極的賃金労働」で
実力発揮したプロたちに学べ!

work-essence02151229-02

ここで、「隷属的賃金労働」の逆を行く、「積極的賃金労働」について2つの事例を紹介。

自らに課題を与え、それをクリアすることで、卓越した結果を生み出した3人のスペシャリストとは?

■2010年度、「最も賞金を稼いだ男」
プロゲーマー 梅原大吾さん

日本で初めてプロのゲーマーとなり、2010年には世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネスにも認定された梅原大吾さん。

プロとして、仕事としてゲームをやることについて、彼はこう語っています。

「自分のプレイで人の心を動かす力がプロには求められます。

成長し続けるためには、常に自分で課題を見つけ出し、自分自身にやる気を出させることが大事だと思います。

ひとつのゲームを何万回とプレイしますから、毎日同じことの繰り返しだと思ってしまえば、とても継続できません。

『自分で課題を見つけ出す』なんて言うと難しく聞こえますが、それをクリアし続ければ、自然と成長していくという寸法です。

『ほかの人に比べて自分は作業が遅いから、早くできるよう工夫してみよう』
『あの人に嫌われているから、理解し合えるよう話しかけてみよう』など何でもいい。

乗り越えた時、単なる『作業』も『仕事』に変わるのだと思います」

彼の言う「仕事」とは積極的選択性、創造性を備えた営みということなのでしょう。

単なる作業ならば、隷属的賃金労働になりかねませんが、それを自分で工夫してみようと思えるときに選択的なものとなり

心を動かすプレイを人に見せようとする思えるときにそれは「はたらく」ことになるのです。

■「車内販売」で驚異的な売り上げを記録!
カリスマアテンダント 齋藤泉さん、茂木久美子さん
山形新幹線のカリスマアテンダントの齋藤泉さんと茂木久美子さんについて紹介します。
二人とも車内販売で平均の3倍から4倍の売り上げを記録。
東京ー山形の1往復における1 人あたりの平均売り上げは、7〜8万円であるのに対して、茂木さんは新庄ー東京の片道で54万円を、齋藤さんは、全席400席の乗客に187個の弁当を売るという驚異的な記録を達成しました。
新幹線の移動中、お客さんに弁当や飲み物を販売するのは個人差が出にくいように思われます。
しかし、彼女たちはそれを自ら楽しめるものにし、素晴らしい成績をあげました。

斎藤さんの場合は、「”もう二言目”を添えることで豊かなコミュニケーションと、ひいてはお客様の潜在的なニーズを引き出す」。

たとえば、「お土産でしょうか」と聞く。

すると客は”弁当をお土産にできる”ことに気づく。

こうした差が、客に「もう一度彼女から買いたい」と思わせるのです。

これはまさに「はたらく」を「仕事」にしているといえるでしょう。

本人が楽しめることも機械的労働に陥らない秘訣なのです。

おうおうにして隷属的賃金労働になりかねない車内販売を、自らそして他者にも喜びを与える仕事にしているのです。

今日も読んでくださりありがとうございました。

午後からも明るい笑顔一杯でファイト!!

 

 

友だち追加数google_plustwitterFacebookby feather
自己啓発書 ブログランキングへ

【フォート・ボニファシオ、高層ビルがそびえ立つ未来都市】

3

ボニファシオ・ハイストリート

マカティ市の商業施設アヤラセンターと、エドサ通りを挟んで反対側に広がる最高級住宅ビレッジ「フォルベス・パーク」。

ビレッジの高い塀の間を抜けるように走るマッキンリー通りを上りきったところに高層ビルが立ち並ぶフォート・ボニファシオ(通称BGC: ボニファシオ・グローバル・シティー) が見えてくる。

フィリピン国軍の基地跡地を民営化、その後再開発して生まれたフィリピン最先端の都市だ。

首都圏のマカティ、パシッグ、パラニャーケの3 市とパテロス町にまたがり、行政区はタギッグ市になる。

在比日本大使館が昨年10 月に発表した在留邦人数調査でいちばん増加が目立ったのがタギッグ市で、その多くがフォート・ボニファシオに居住している。

中層のコンドミニアム「セレンドラ・ワン」や高層の「ワン・マッキンリー・プレイス」など先端都市を代表するビル群の姿は雄大で素晴らしい。

2

ここがわずか15 年前まではうっそうと原生林が生い茂る「ボニファシオの森」だったことを知る人は今では少ないだろう。

基地跡の再開発は1995 年1月、ラモス元大統領が推進した国有地転用計画の一環として基地内の土地214 ヘクタールを民間企業に売却したことから始まった。

買収したのは香港に拠点を持つファースト・パシフィック社など民間企業13 社の共同事業体。

それ以降、ナラやマホガニーなど熱帯樹の大木が切り倒されて整地され、そこに巨大な高層ビルが建てられていく。

まっすぐに伸びた道路には街路樹が整然と植えられ、かつての森は姿を消して一大新興都市へと生まれ変わっていった。
現在、レストランなどが集まったエンターテイメントセンター「ザ・フォート」

大駐車場と交通機関の発着場が隣接し各地の物産も展示している商業施設「マーケット!マーケット!」

映画館やレジャー施設、書店、高級ショッピング・レストラン街を兼ね備えた「セレンドラ」や「ハイストリート」などが完成し、庶民から富裕層までの広い人気を集めている。

4

セントルークス・メディカルセンター

2001 年2 月にはマニラ日本人学校(MJS)がパラニャーケ市からここに移転、敷地面積約4 ヘクタールという広い新校舎はゆとりある学習環境を実現した。

2010 年1 月には最先端医療を目指す「セントルークス・メディカルセンター」の新病院が完成し医療環境も十分に整った。

また、アメリカ系の会員制倉庫型ディスカウントストア「S&R」が32 番街で、日本の「無印良品」1号店がハイストリートで営業するなど、中間層以上をターゲットにした外資系店舗の進出も顕著だ。
2009 年、セレンドラの一等地に支店を開いた日系旅行代理店エイチ・アイ・エス(HIS) 社の磯崎代表は、「きれいな街並みで治安も良く、将来的展望も踏まえこの場所を選んだ。

イメージ先行の既成概念を払拭し、新たな需要を開拓、ツーリズムを通じて世界平和・相互理解の促進に貢献していきたい」と話す。

また4 月に開店したばかりの日本レストラン「華一」のオーナー、平野幸子さんは「場所がら普段から日本人はじめ外国人のお客様も多い。

周りの空き地にはシャングリラなど新しいコンドミニアムやホテルが建設中なので近い将来が楽しみ」と期待を語った。
雄大な高層ビル群が、ラグーナ湖とマニラ湾を見渡すようにしてそびえ立つ。

高級コンドミニアムや複合商業施設、モール、銀行、病院、ホテルなど、すべての都市機能を備えた未来都市フォート・ボニファシオ。周辺国と比較して出遅れ感があるフィリピンを、その先頭で牽引するかのように、今も開発が進行中だ。
google_plustwitterFacebookby feather友だち追加数
自己啓発書 ブログランキングへ

【この「5つの習慣」をやめると、不思議とイライラは消える・・・】

誰もがストレスを抱え、制約に縛られている日本で、ゆるく生きようと思っても難しいものです。周囲のピリピリとした空気が伝染して、自分が望んでいない方向へと流されてしまうことも。次の5つの行動を見直すことから、ストレスのない毎日を送ることができるはずです。

01.
朝、大急ぎで歯を磨く

Keeping his teeth clean and healthy

朝、バタバタと急いで出掛ける準備していると、家の鍵や財布、定期券など、目の前にあるのに見えなくて、あちこち探してしまった。なんて経験はありませんか?

とあるスポーツドクターによると、自律神経の乱れは認識に大きな影響を及ぼすため、見えているのに、脳がそれを手に取ろうと考えないのだそう。なので、こんな状態で仕事をしてもミスをくり返すばかりで、いいパフォーマンスは発揮できないでしょう。

そこでおすすめなのが、ゆっくり歯を磨くこと。副交感神経が活性化して、ストレスもなくなって、1日のパフォーマンスが全然違ってきます。また心理的な面から考えても、朝のぼんやりとした頭をリフレッシュさせ、始動モードに切り替えるのに役立ちます。早起きが苦手で毎朝バタバタしてしまう人、いつもイライラして集中力が散漫な人ほど、ゆっくり歯磨きしましょう。

02.
エレベーターの「閉」ボタンを押す

elevator panel

わたしがハワイで生活し始めて、まず最初に驚いたのは気候でも料理でもなく、エレベーターでした。ドアの開閉速度が信じられないくらい遅いのです。おそらく、高齢者や車椅子の人に配慮したバリアフリー設計なのでしょう。エレベーターによっては、最初から「閉」ボタンがないものも。

考えてみれば、「閉」ボタンを押しても、そこで稼げる時間はせいぜい数秒のこと。しかも、乗り降りにかかる時間を気にしていると、他の乗降者に対して「早く乗れよ」とか「早く降りろ」など、余計な苛立ちを感じてしまいます。

「閉」ボタンを押さないという行為自体は、小さな一歩にすぎません。ここで大切なのは「必要以上に急ぎすぎない」という感覚を自分の心と身体に染み込ませること。出社時のエレベーターでこれをやっておくだけで、1日は驚くほどゆとりあるものに変わります。

03.
花火大会、レジャー施設…
人混みのなかに行く

Group of people looks beautiful colorful holiday fireworks

心理学の世界には「パーソナルスペース」という概念があります。これは、他者に侵入されると不快に感じる「縄張り」のようなもの。ストレスのない生活を送りたければ、パーソナルスペースを侵害されないこと、つまり、人混みに近づかないことが重要になります。人が多ければ、→待ち時間が長くなる→ルールを守らない人が多くなる→混乱する→その混乱が伝染してストレスがたまるのです。

たとえば、花火大会は典型的な例でしょう。肩と肩がぶつかったり足を踏まれたり、パーソナルスペースどころではありません。ディズニーランドなどのレジャー施設も同様で、明らかな混雑が予想される日は避けるべきです。レジャー施設へは平日休みをとっていく、満員電車を避けるために通勤時間をずらす。誰でもやろうと思えばできないことではないのです。

04.
やたらと車の
クラクションを鳴らす

Closeup shot of angry driver honking in traffic

日本の都市にはクラクションの音が溢れています。割り込んできた車に腹を立てた、渋滞のストレスが溜まっている、前方の車を煽るため…と、クラクションが本来の「危険回避」という目的から離れ、怒りや苛立ちを表す道具になっています。こんな環境で運転していたら、負の感情がどんどん伝染していき、街中がギスギスした空気に包まれてしまいます。

一方、ハワイで運転していると、ほとんど間違いなく道を譲ってくれます。そして、譲ってもらったほうは「シャカ」と呼ばれるサイン(親指と小指を立てて広げるサイン)で「ありがとう」の気持ちを伝え、相手も「どういたしまして」と同じサインで応えます。こうしてみんなが譲り合いの精神を持ちつつ安全運転に努めていると、街中に面白い変化が見られます。街のどこからもクラクションの音が聞こえないのです。

合流してくる車に道を譲り、割り込んできた車にもクラクションを鳴らさず、しっかり車間距離をとって、好きな音楽でも聴きながら運転そのものを楽しんでみてはいかがでしょうか。

05.
プライベートな時間で
余計な議論をする

Group of laughing  businesspeople talking in a lobby.

仕事の交渉事において、正々堂々と議論し、自己主張することはとても大切でしょう。とはいえ、これをプライベートにまで持ち込んではいけません。理由は簡単で、議論を始めるとそこに必ず「勝ち負け」が生まれてしまうからです。目的もルールもなく、勝ち負けを競うとなれば喧嘩と同じなので、たとえ本人は冷静に議論しているつもりでも段々ヒートアップしていきます。そのため、議論に勝とうが負けようが、とてつもないストレスにさらされてしまうのです。

もっとも、世の中には議論好きな人も大勢いて、議論を吹っかけられることもあるでしょう。そういう時には、世の中にはいろいろな考えや価値観がある、ということを思い出しましょう。

友だち追加数
google_plustwitterFacebookby feather

自己啓発書 ブログランキングへ

【毎朝1分で差がつく。弱い自分に打ち勝つ「5つのルール」】

everymorning-one-minute03160121-05-1038x576

 

「人と差をつけるためのコツ」をここで紹介していきましょう。

01.
早起きの特効薬は
「起床報告メール」

everymorning-one-minute03160121-03

僕は学習コーチングをやっているのですが、早起きの習慣がつかなくて困っている、という相談をよく受けます。そこでオススメするのが、「起床報告メール」。これは、毎朝決まった時間に「今、起きました」と誰かにメールを送るというもの。簡単なことのように思えますが、効果は抜群です。

ある公認会計士志望のクライアントは、毎朝6時に「今、起きました」とメールを送ってきます。それに対し僕がとくに返信するわけではありません。ただ、ひとつだけルールがあります。それは、必ず一度ベッドや布団から出て、メールを打つこと。

起床報告メールの目的は、実は早起きすることだけではありません。大事なのは、気持ちよく勉強や仕事ができるようにすることです。これが最終的な目的なのです。

02.
「誰でもできること」を
超・徹底的にやる

Old school journalist working over article in dark room

勉強やスポーツ、仕事を同じようにやっていても、結果を出せる人と出せない人がいます。その違いは、いかに基礎を徹底してやったかにあります。最初のうちは両者にそれほど大きな差は見られませんが、基礎をやらなかった人は、ある程度のところにくると急に伸びが止まってしまうのです。

たとえば仕事なら、どんな業種でも共通の基礎とされているような、挨拶をしっかりする、遅刻をしない、レスポンスはできるだけ早くするなど。郵便物の宛名や宅配便の伝票は丁寧に書く、といったことも同じです。つまり、「やろうと思えば誰でもできること」を超徹底的にやることが、最終的に結果を出すために不可欠なのです。

03.
「限界」と思った地点から
さらにあと一歩がんばる

b364511a7c795bde07ce6558c0fd99c202f7c6aa

僕はスクールの受講生やコーチングのクライアントに、「家で勉強をやるときは、そろそろ終わりにしようと思ってから、あと1分踏ん張ってみよう」と言い聞かせています。それまでどれくらいの時間、勉強していたかは関係ありません。5分しかやっていないときでも3時間やっていたときでも、終わり際にあと1分やってみる。そうして、気持ちのよい状態で終わらせるのがベストなのです。

筋肉トレーニングは、苦しいと感じ出した直後の運動で初めて筋肉がつく、といわれています。これと同じように、学習の成果も「限界までやって、さらにあと一歩やる」ところでグンと身につくのではないか、と考えています。だから、「ああ、もうこれ以上頭に入らない」と思ったところで、あともう1分だけがんばってみる。この終わり際の「あと1分」が大きく効いてきます。

04.
ストップウォッチを使って
「学習アスリート」に

aaf045ce3fff04f71dd62af0bb863d15d419fdf9

僕は勉強するとき、必ずストップウォッチ機能つきの腕時計を使います。ボタンを押すと、心と体が自然と勉強モードに切り替わるのです。勉強は、「何時までにこれを終える」というように時間とタスクを設定したほうが集中力が高まります。「5分間で単語20個覚える」「20分間で問題集を5ページこなす」と決める。この時間を計るときに、ストップウォッチを使うのが有効なのです。

なぜなら、1秒を厳密に計ることが習慣づくからです。1秒をいい加減にすると、ほかの部分の姿勢までいい加減になる可能性があります。「できなくてもまあいいや」などと思いがちになるのです。ほどよい緊張感を持ちながら、秒数にこだわって勉強に挑む。まさに気分は「学習アスリート」です。

05.
スランプ状態こそ成長前夜
グッとこらえて足を踏み出す

1da7a9d0c9e2b6437c207a59333e9f01b7d14591

勉強には必ず停滞の時期があります。最初は、やる気、未来への希望があって、勉強も楽しめます。ところがある程度までくると、学習への倦怠感が生まれてきます。いわゆる、スランプ状態というやつです。

スランプ状態というのは、踊り場にいる状態です。一見、平らですが、進んだ先にはまた急に伸びる時期があります。スランプを抜けると、目の前の景色がガラッと変わるような瞬間が訪れる。たとえば、英会話のリスニングなら、「あっ、わかるようになった」と思える瞬間が必ずきます。スランプ状態に陥ったら、「『もうすぐ成長できる』という予告なんだ」と思って踏ん張ってみましょう。

今日も読んでくださりありがとうございました。

素敵な一日をお過ごしください。

友だち追加数google_plustwitterFacebookby feather
自己啓発書 ブログランキングへ

The sun god fifth planet person広報誌