カテゴリー別アーカイブ: 【いい話】

【ニューヨークやロンドンの道路脇に置かれた白い自転車「ゴーストバイク」が、教えてくれること】

ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?

いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見するとただ捨てられているようにもみえる。しかし、不法投棄されたわけではない。

このタイヤからグリップまで真っ白な自転車は、ゴーストバイクと呼ばれている。これらの自転車には、そのすべてに持ち主がいた。そして、この場所で命を落としている。

白塗りされ、街角に佇む自転車は実際に彼らが交通事故に遭遇した際に乗っていた自転車であり、壊れた車体はそこで起きた事故の大きさを物語っている。

このゲリラ・プロジェクトは2003年にミズーリ州で最初に設置されて以来、全米に広がり、やがて世界中へと広まっていった。

警察官が事故現場に残す白チョークでなぞった遺体の輪郭を真似て自転車を白塗りし、犠牲者の名前と亡くなった日を事故現場に記して弔うのだ。

追悼だけではない
ゴーストバイクがそこにある「意味」

image5

事故現場に自転車が置かれる理由は故人を偲ぶためだけではない。ゴーストバイクは、そこを通るサイクリストたちに公道が危険な場所だと思い起こさせる。

自転車や車、歩行者など、公道を行き交うすべてに、不注意によって失われた命があると主張している。そして、車道と歩道の間に追いやられているサイクリストの立場向上を願っている。

自転車レーンがより整備され、拡張されることだけを望んでいるわけではない。もっと漠然とした、公道を行き交う全てに対する、文化そのものが変わることを期待しているのだ。

日常に潜む違和感として
ひそかに主張するアート

image2

これらの写真はいずれも2011年にロンドンを訪れた際にこの不思議な自転車を見つけた際に、友人からその意味を教えられ、感銘を受けた写真家の今井竜也氏が撮り溜めたものだ。

白い自転車は静かな主張であり、注意喚起であり、慰霊碑であり、同時に、ひとつのアートとも言える。どこにでもあるストリートという日常に、そっと死を孕んでゴーストバイクは溶け込んでいる。

日本でもノーブレーキピストやロードバイクの流行によって自転車の交通マナーについて議論が交わされるようになった。日本ではヨーロッパのように自転車専用レーンの整備がされておらず、ひやりとすることも多い。

海外のサイクリストたちがゴーストバイクのプロジェクトを通じて訴えかけている声に、我々も耳を傾ける必要があるのかもしれない。

Q.この記事から感じたことは?

  • ・公道における自転車の安全性について考えた
  • ・ただ警鐘を鳴らすだけでなく、アートとしてアウトプットするプロジェクトに感銘を受けた
  • ・日本国内に置き換えてみると、道徳的な視点や公道に“もの”を設置するルールから、問題が起こりそう……

All photo by 今井竜也 より引用

google_plustwitterFacebook

友だち追加数
人生の旅人 時貞のブログへ

Instagram

【子育てに悩んだときに読んでほしい『子は親の鏡』】

 

世の中は受験真っ最中。

学年の変わり目でもあり、各学年ともに定期テストがあり親と子どものバトルが勃発しやすい時期です。

本当に子育てって難しい。

そう実感している方も多いのではないでしょうか。

親は子どものために・・・。

なのに気持ちが伝わらない。

今回、ご紹介するのはドロシーL・ノルテさんの『子どもは親の鏡』。

「あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?」と締めくくられた18の言葉です。

親として自分を振り返り初心に戻れる良い機会かもしれません。

出典元:motherhood-club

ドロシー・ロー・ノルト博士は、40年以上にわたり家族、特に親子関係の研究に従事。

親になる人々のためのクラスや未就学児童のための学校を開設するなど、親子教育の専門家として活動。

家庭教育と子育てに関するコンサルティングの第1人者です。

4人の子どもを育て、孫が8人、ひ孫が6人、やしゃごが1人います。

著書「子どもが育つ魔法の言葉」は国境を越えて37カ国で親しまれ、特に日本では200万部のベストセラーになりました。

ほかにも「十代の子どもが育つ魔法の言葉」「ドロシーおばさんの大切な事に気づく」など著書多数。

2005年11月6日他界されています。

子育てに『環境』ってとても大切なことは皆さんもご存知だと思いますが、実際、どのような環境で育つとどんな性格になるかって知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

『学ぶ」の語源は、「真似ぶ」だそうです。

子どもは、見たものを真似て育ち、やがてそれが性格の一部に変わっていきます。

子どもが一番身近でいつも見ているのは…そうお父さん、お母さん、ちょっとした仕草や言葉使いを真似されハッしたことがありませんか?

親や周りがどんな環境を子どもに作ってあげられるのか、このドロシー・ロー・ノルテさんの言葉はヒントになるかもしれません。

子は親の鏡 ドロシー・ロー・ノルテ

子供は、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ
子供は、憎しみの中で育つと、人と争うことを学ぶ
子供は、恐怖の中で育つと、オドオドした小心者になる
子供は、憐みを受けて育つと、自分を可哀想だと思うようになる

子供は、馬鹿にされて育つと、自分を表現出来なくなる
子供は、嫉妬の中で育つと、人をねたむようになる
子供は、ひけめを感じながら育つと、罪悪感を持つようになる
子供は、辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ
子供は、正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ

子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる
子供は、ほめられて育つと、人に感謝するようになる
子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる
子供は、努力を認められて育つと、目標を持つようになる

子供は、皆で分け合うのを見て育つと、人に分け与えるようになる
子供は、静かな落ち着いた中で育つと、平和な心を持つようになる
子供は、安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる
子供は、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る

子供は、まわりから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る

あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?

今日も読んでくださりありがとうございました^^

素敵な一日をお過ごしくださいね

人生の旅人 時貞

google_plustwitterFacebook

友だち追加数
人生の旅人 時貞のブログへ

Instagram

メルマガ購読・解除
人生の旅人 時貞のメルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

【眠れない息子のために、パパがピアノを弾いたら・・・20秒で爆睡(動画あり)】

赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏してみたそう。するとどうなったかーー。「Jukin Media」の動画を紹介します。

演奏が始まってすぐにウトウトし始めた彼。20秒たった頃にはゆっくりと目を閉じ、パパの腕に首をもたれかけて完全にノックアウトされてしまいました。気持ちよさそ〜うに眠っていますね。たしかにとても美しい響き。

今では60万回以上再生され、ついにはちゃんと録音して楽曲までリリース。5分超のロングバージョンが1.49ドル(約170円)でダウンロードできます。ひしひしと愛情が伝わってくるパパの表情にも必見です。癒やされますね。

今日も読んでくださりありがとうございました。

午後からも笑顔でファイト!!
google_plustwitterFacebook

友だち追加数
人生の旅人 時貞のブログへ

Instagram