「【暗号通貨】」カテゴリーアーカイブ

【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成、使い方について解説 】

マイイーサウォレットのトップページから作成します。 公式ページはこちら

画面の右上から言語を「日本語」選択します。

次にパスワードを作成します。大文字小文字の英数字で、予測されにくい9文字以上で設定して下さい。(よりセキュリティを高めたい方は15文字以上で設定して下さい。)

パスワードは必ず紙などに記入し、金庫など自分しか開けられない場所に保管して下さい。

パスワードを設定したら「お財布の作成」をクリックします。

次に「秘密鍵のファイル」をダウンロードします。

このファイルは「My Ether Wallet」を開く際に必要になるので、絶対に紛失しないよう明確な場所に保存して下さい。

また、水色の点線の中には英語で注意喚起が記載されています。

  • もし秘密鍵をなくした場合、再発行できないので紛失しないで下さい。
  • 秘密鍵は共有しないで下さい。誤って悪質なフィッシングサイトにファイルが流失したら、あなたの資産が盗まれてしまいます。
  • バックアップは備えておきましょう。将来的に何百万ドルの価値がある秘密鍵になるかもしれないからです。

これを承諾できたらファイルをダウンロードし、「続けます。」をクリックして進みます。

次に「秘密鍵コード」を安全なところへ保管します。この秘密鍵のみでログインすることが可能になります。

要するにこれを盗まれると、ウォレットの資産が盗まれることと同義なので、必ず安全な場所へ保存して下さい。

またプリンターがある場合、必ず紙に保存して下さい。紙で保存すれば、ネットを通じてハッキングされることもなくなるので、より安全に管理できます。

これがペーパーウォレットです。紙にプリントしたら金庫など安全な場所へ保管して下さい。

これでウォレットの作成は完了です。次にログイン方法について説明します。

ログイン方法

マイイーサウォレットのログイン方法を紹介します。

秘密鍵のファイル&パスワードで開ける場合

keystoreファイル(UTC/JSON)を選択します。

お財布ファイルを選択して、先ほどダウンロードした秘密鍵ファイルを選択します。

点線で囲っている部分に最初に設定したパスワードを入力して下さい。

最後にアンロックを選択すればログイン完了です。

秘密鍵のコードで開ける場合

秘密鍵を選択します。

点線の中に保存してある秘密鍵を入力またはペーストします。

アンロックを選択すればログイン完了です。

MEW以外のウォレットをマイイーサに抽出する場合

このウォレットでは一部の別のウォレット(JAXXなど)の情報でログインすることができます。

この方法を覚えておくと、JAXXなどのウォレットがうまく作動しなかったり、不具合が出た場合、マイイーサなどに抽出してトークンを取り出すことができます。

まず”Mnemonic Phrase”を選択します。

“Mnemonic Phrase”とは他のウォレットのバックアップフレーズのことをいいます。

枠線の中に他のウォレットの”Mnemonic Phrase”を入力すると、マイイーサウォレットに他のウォレット情報でログインすることができます。

これにより、間違ってウォレットに対応していないトークンを受け取ったとしても、マイイーサウォレットでログインすれば、対応していなかったトークンを抽出することも可能です。(マイイーサウォレットに対応しているトークンに限ります。)

Google拡張からログインする

Google Chromeの拡張機能を登録すると秘密鍵やファイルを毎回入力しなくてもログインすることができます。

https://chrome.google.com/webstore/search/myetherwallet?hl=jaのURLからCromeウェブストアを開き、「CHROMEに追加」を選択します。

追加したウォレットのアイコンをクリックすると下の図が出てくるので「お財布の追加」をクリックします。

まずは先程のログインと同じ手順でアンロックをします。

アンロックをした後、ウォレットの名前を入力し、「お財布追加」をクリックします。

アイコンをクリックすると、さきほど追加したウォレットが出てきます。これで登録は完了です。

この方法を用いれば、秘密鍵やファイルを入力せずにログインすることが可能です。

トークンを送出したい場合は、パスワードを入力するだけで取引することが可能になります。また、先程のJAXXなどの他のウォレット情報もこの方法でログインすることができます。

画面の見方について

こちらがログイン時のトップページになります。この画面では自分の「ウォレットのアドレス」「イーサリアム保有数(アカウント残高)」「仮想通貨の保有数(トークン残高)」を確認することができます。

ちなみにトークン残高はウォレットに入っているイーサリアム以外の通貨の残高になります。

トークン残高については”Show All Tokens”をクリックするとマイイーサウォレットで扱える仮想通貨の一覧を見ることができます。

ICOなどで特別なトークンを受け取る場合は「カスタムトークンを追加」をクリックし、受け取りたいトークンを選択することができます。

Show All Tokens

マイイーサウォレットの”Show All Tokens”を選択すると取扱通貨一覧が出てきます。

このようにイーサリアム以外の多くのトークンをこのウォレット一つで管理することができます。

カスタムトークンを追加

特別なトークンを追加する場合、「カスタムトークンを追加」で設定します。

カスタムトークンを追加をクリックします。

追加したいトークンアドレス、シンボル、桁数を入力し、「保存する」をクリックすれば完了です。

トークンアドレス、シンボル、桁数はICOが公式で指定されたものを入力して下さい。それぞれの公式ホームページなどに記載されています。

コインの送金方法

メニューバーからトークンの送出を選択し、その後ログインを行います。

ログイン後に「宛先アドレス」「送出するイーサリアムの量」「ガスリミット」を入力し、「トランザクションを生成」を選択します。

ガスリミットとは、イーサリアムの送金スピードのことであり、通常は21000となっています。ただ、ICOなどでガスリミットの数量が指定されている場合は、その数量を入力します。

速く送金したい場合にICOではガスリミットを通常よりも大きい数値で指定されていることがあります。

「トランザクションを生成」をクリックした後に、「トランザクションの送出」をクリックして送金を行います。これで取引が承認されれば送金は完了です。

まとめ

マイイーサウォレットについて紹介してきましたが、イーサリアムだけでなく、多くのトークンに対応している点やペーパーウォレットとして保存できる点がこのウォレットの特徴だといえます。

また、一部の他のウォレットでもログインすることもできるので、非常に使い勝手の良いウォレットです。

ダウンロードはこちらから

♦︎暗号通貨スクール開校しています。お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

尊敬する人見さんの言葉を広げてます。みなさまのお力添えを頂くと、嬉しいです。よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除

【分散型取引所 SingularX 解説使用方法】

分散型取引所SingularX

分散型取引所はいろいろありますが、
このSingularXもその一つになります。

分散型取引所というのは、
通常の取引所とは異なり、ユーザ毎に自身のウォレットを連携させてユーザー間で取引を行います。

分散型のメリットは、取引所ハッキングのリスクがないということです。

デメリットとしては、まだ多くの分散型取引所は手数料が高えってことです。

ちなみにSingularXはETH建ての取引になります。
よって、今回のセントラリティもイーサリアム(ETH)で購入する必要があります。

METAMASKでSingularXにログイン

SingularXにアクセスすると、

ウォレット作りますか?どうしますか?

選択肢が出て来ます。

SingularXでETHウォレットを作成することもできます。

が、セキュリティの観点や使い勝手などから個人的にはMETAMASKを利用することをおすすめします。

METAMASKはGoogle Chrome拡張機能でウォレット管理できる優れものです。
MEW(MyEtherWallet)でも推奨されています。

メタマスク作成方法はこちら

MyEtherWalletからMETAMASK(メタマスク)を使ってイーサリアム(ETH)送金

既存のMEW(MyEtherWallet)のアドレスをMETAMASKにインポートすることも可能です。

ということでMETAMASKにログインしておきましょう。

METAMASKにログインしたのちに、SingularXにアクセスすると、
METAMASKのアドレスがインポートされます。

SingularXにアクセスしてからでもいいです。
こんな感じで右上に通知が出れば成功です。

 

DEPOSITにETHを移動させる

実はこのままでは取引ができません。

これ、セントラリティのICO参加時のBlockhausもそうだったんですけど、
ここからデポジットへ残高を移行する必要があります。

取引画面の上部から「BALANCES」タブへ移動します。

すると接続しているMETAMASKのETHアドレスの残高が表示されてますね。

Amountに送金したいETH金額を入力して、「DEPOSIT」をクリックします。

するとMETAMASKが起動します。

必要とするETHを送金ください。

ガスリミットとガスプライスはこのままでいいでしょう。

すると入出金履歴(HISTORY)に取引が表示されます。

Pending(保留中)になってますね。

間もなく残高が反映されます。

取引ページの左上側のETHに残高が反映されました。

これで取引が開始できます!

セントラリティ(CENNZ)の購入方法

まず、取引画面の真ん中下のほうに「Volume」というタブがあると思います。

その中に、CENNZ/ETHってのがありますのでクリックします。

の直リンクでもOKです。

購入方法は2種類あって、

  • 売り板の注文から買う
  • 指値で買い注文出す。

売買板がこちら。

売り板の注文から買う

まず現在存在している売り注文の中から、購入する方法です。

これどうやら、通常の取引所とは異なり、
ユーザの注文毎での注文が必要のようです。

とりあえず一番安くて、自分の注文したいETH金額分以上の注文を、売り板から選択(クリック)します。

するとNew orderの部分に数値が入力されます。

ここで、Amount to buyを自分が購入したい量で調整します。

選択した注文にデフォルトで入ってるAmount to buyが最大数量です。これが実際売り注文だしてる人の数量になりますので、これ以上の数値を入力することはできません。エラーメッセージが出ます。

数量を設定したら、あとは「BUY」をクリック。

するとMETAMASKが起動します。

購入画面です。

「SUBMIT」で完了です。

このメッセージが出ればOK。

My transactionsにも表示されました。

売買履歴(Trades)にも表示sれました。

残高も表示されました。

指値で買い注文出す

次は指値で買い注文する場合です。

New orderから、数量(CENNZ)と金額を入力します。

ExpiresはそのままでOKな予感。(ちょっとわかんないけど、注文期限的なやつかな)

そして「BUY」をクリックすると、METAMASK先生が起動します。

メッセージが出てます。

「Sign」をクリック。

すると、注文が作成されます。

斜体になるのでわかりやすいですね。

これが自分の注文です。

指値が刺されば取引完了です。

 

指値注文をキャンセルする

おまけです。指値注文をキャンセルする場合。

単純に、My transactrions > Open orders内のCancel列にある☓をクリックします。

すると、確認メッセージが表示されます。

「CONFIRM」をクリック。

するといつものMETAMASK大先生が出現。
「SUBMIT」をクリックしてキャンセル完了です。

 

とりあえず分散型取引所に慣れよう

いかがだったでしょうか。

通常の取引所と比較して、毎回METAMASK先生が出現したり、
注文飲み込んだりとかができなくて面倒な部分も多いです。

どこまでこの分散型取引所が浸透するのでしょうね。

また分散型取引所については、今後来る(かもしれない)分散型取引所の時代のために慣れておきましょう。

まあでも僕も誰に教わったわけでもなく使えたので、そう難しくないはずです。

ちなみに購入できてから、トークンをウォレットに移動する方法については、違う記事で詳しく解説しています。

 

♦︎暗号通貨スクール開校しています。

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

尊敬する人見さんの言葉を広げてます。みなさまのお力添えを頂くと、嬉しいです。よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除

【イーサリアム】ICOに参加するなら知るべき、カスタムトークンの追加方法

トークンについて理解しておこう

イーサリアムプラットフォームではトークンを発行することができます。

この発行機能を使って世界中でICOが実施されています。

 

あなたがICOに参加するのであれば「カスタムトークン」というキーワードを覚えておいてください。

ICOに参加して「トークン」を受けとる

ICOに参加すると、定められたレートにしたがって「トークン」を受け取ります。

しかしICO直後の新しいトークンはウォレットが対応していない場合があります。

 

そんな時は自分でトークンを追加しウォレットに表示させてから送信をしなければいけません。

トークンを追加することを「カスタムトークンを追加する」と表現します。

その手順について紹介をしてきますね。

実はこれ基本にして最も相談が多い内容で、ICOに参加する人は理解しておいて損はありません。

カスタムトークンの追加方法

f:id:tweetbot:20171016144147p:plain

ウォレットが対応していないトークンは以下の2手順で追加することができます。

  1. トークンのパラメータを確認する
  2. ウォレットにカスタムトークンを追加する

 

例えばAirSwapというプロジェクトのICOでイーサを投資したとしましょう。 

 

その結果運営からから「AST」というトークンを受け取りました・・・がウォレットに「AST」の残高は表示されていません。

 

そんな時にどうするか?って感じで紹介します(๑•̀ㅂ•́)و✧

プロジェクト名、トークン名で検索する

まず最初にASTトークンのパラメータを確認します。(パラメータ・・・トークンの情報)

トークンの情報はこのサイトで検索できます→Ethplorer

 

サイトを開くと左部に検索窓口がありますので、 プロジェクト名のAirSwapを入力するとしましょう。

f:id:tweetbot:20171015231858j:plain

すると候補でASTが出てきましたのでこれを選択。

 

こんなページになります。

f:id:tweetbot:20171015232009p:plain

ASTトークンの情報が確認できるページです。

総発行量」「ホルダー数」「ASTトークンの送受信履歴」などなど色々なことが分かります。

カスタムトークンの追加に必要な情報

この中でカスタムトークンに必要な情報は以下の3つです。

f:id:tweetbot:20171015232145j:plain

  • Contract Address:0x27054b13b1B798B345b591a4d22e6562d47eA75a
  • Symbol:AST
  • Decimals:4

この3つを控えればトークンをウォレットに反映させる準備は完了です。

イーサリアムウォレットへカスタムトークンを追加する

先ほど控えた情報を実際に以下の3種類のウォレットに追加する方法を解説します。

  • MyEtherWallet
  • Metamask
  • Mist

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)へ追加する方法

右側にあるトークン残高の「カスタムトークンを追加」をクリックします。

f:id:tweetbot:20171015230759j:plain

するとトークンのパラメータを入力する画面が出ます。

先ほど控えた情報を入力していきましょう

  • Contract Address→アドレス
  • Symbol→トークンl
  • Decimals→ケタ数

f:id:tweetbot:20171015232609j:plain

入力して「保存する」をクリックすると以下のようにASTトークンの残高が表示されます。

f:id:tweetbot:20171015232835j:plain

これでカスタムトークンの追加は完了です。

Metamask(メタマスク)へ追加する方法

Metamaskへのカスタムトークンも同様の手順で行います。

ウォレットのTOKENSタブにある「ADD TOKEN」をクリック。

f:id:tweetbot:20171016000841j:plain

同じように入力します。

なおメタマスクの場合はアドレスを入力すれば、SymbolとDecimalsは自動入力されます。

f:id:tweetbot:20171016000850j:plain

 

設定すれば以下のようにトークンが追加されています。

f:id:tweetbot:20171016000903j:plain

Mist(ミスト)へ追加する方法

トップ画面から右上にある「CONTRACTS」→「CUSTOM TOKEN」の順にクリックします。

f:id:tweetbot:20171016014750j:plain

カスタムトークンのアドレスを入力します。

Metamaskと同様、アドレスを入力するだけで自動的に補完されます。

f:id:tweetbot:20171016014802j:plain

設定が完了すれば以下のようにトークン残高が反映されます。

f:id:tweetbot:20171016014737j:plain

まとめ

イーサリアムのカスタムトークンとウォレットへの追加方法について解説しました。

  • トークン=イーサリアム上で発行される通貨(のようなもの)
  • ウォレットが非対応のトークン→自分で「カスタムトークンの追加」をする
  • パラメータを入力することでトークンをウォレットへ反映させることができる

 

今回の内容をまとめると上記のようになります。

以上、「【イーサウォレット】ICOに参加するなら知っておこう、カスタムトークンを追加する方法」でした。

♦︎暗号通貨スクール
開校しています。お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

尊敬する人見さんの言葉を広げてます。みなさまのお力添えを頂くと、嬉しいです。よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除

 

【今月のおすすめ商品】



【中国の取引所 Binance (バイナンス) の登録方法を解説】

binance バイナンス 仮想通貨

Binance(バイナンス)の登録方法と仮想通貨(暗号通貨)の売買方法をまとめましたので解説します。【2018年1月3日にて追記】

中国の仮想通貨取引所ですが、サイトが日本語訳にも対応しており、初心者が最初に使う海外取引所として最もおすすめです。

新しく出来たばかりですから上場銘柄をこれからどんどん増やしていくとの事で、価格上昇の可能性がある通貨の選定もできますね。

Binance (バイナンス)とは

取引高が世界1位の仮想通貨(暗号通貨)取引所

取引所出来高ランキング

取引高世界1位(2017年12月現在)の海外取引所で、最近はICO直後の銘柄をすぐに上場しており、日本人ユーザー間でも爆発的に人気が出ています。

2017年12月にBITTREX(ビットレックス)を超えて世界1位の取引高を記録しました。

主な特徴はこちら

  • 取り扱い銘柄は79銘柄(2017年11月付けで更新)
  • 取引所発行のBNBという通貨がある
  • 新規上場銘柄を投票で決める

新規上場銘柄を投票で決めるという点が他の取引所と違って面白いですね。

また、取引所発行のBNBによって取引の手数料を支払う事で、手数料が50%オフになるシステムも他の取引所にはない制度です。

仮想通貨取引所 Binance(バイナンス)の登録方法

アカウント作成方法

バイナンス公式サイトにアクセス

下のような画面が出ますので、記載の通り入力してください。

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワード入力(必ず新しく作成した物を使用)
  3. パスワード再入力
  4. 矢印をスライド
  5. 登録をクリックして完了

パスワードはなるべく破られづらい様にパスワード生成サイトを利用して新しく作成しましょう。

数字や記号を混ぜておくと強いパスワードになりますのでおススメですよ。

登録が完了しましたら、下の画面が出てから登録したアドレスにメールが来ます。

メールを開いて、リンクをクリックして登録完了です。

これでログインが出来るようになります。

ログインする際にはパズルのような画面が出ます。

これは赤枠の部分をスライドさせて、ピースを合わせれば大丈夫ですよ。

2017年9月より日本語対応開始

以前までグーグル翻訳で日本語に変換しておりましたが、バイナンス自体が日本語対応を開始しました。

これで取引や登録もよりスムーズになり、初心者でもチャレンジしやすくなりましたね。

海外取引所は初心者の方には少しハードルが高く感じると思いますが、日本語対応していれば国内取引所と変わらないくらい簡単です。

尚、対応はパソコンからのみですのでご注意くださいね。

二段階認証の設定方法

登録後すぐに二段階認証を設定しましょう。ハッキングを防ぐ為にも必ずやっておくべきです。

アカウント作成後に右上の『Account(アカウントボタン)』を押すと下の画面になります。

そして赤枠の部分をクリックすると、下の画面になります。

ここからは下記の手順で二段階認証を設定してください。

二段階認証設
アプリが入っていなければダウンロード

  1. QRコードをアプリでスキャン
  2. BINANCE登録時に入力したパスワードを入力
  3. アプリに表示された6桁の番号を入力
  4. Submitを押す

これでOKです。

QRコードはスクショするなりして保存しておきましょう。

携帯が壊れたりするとログインで出来なくなってしまう事が有ります。

これでアカウント作成と認証の設定は完了です。

仮想通貨(暗号通貨)の入出金方法

保有している仮想通貨の入金・出金の方法です。

BINANCEは現在約141種類ほどの仮想通貨の取り扱いが有ります。

ホーム画面の右上に『Funds』というボタンがありますので、カーソルをあてると『DepositWithdraw』ボタンが表示されるのでこちらをクリック。

『Deposit』で入金アドレスが表示され、『Withdraw』で送金の手続きが取れます。

現在はBTC(ビットコイン)の送金が遅いですから、ETH(イーサリアム)で入金してトレードしてもいいかもしれませんね。

注意入出金する際は必ずアドレスをコピーペーストした上で、再度確認する事を徹底しましょう。

私は別の取引所で違う通貨のアドレスに送金し、0.2BTCを失った事があります。

初めて出金する際には『ラベル』の入力が必要になります。

ここには送金先の名称を入れれば大丈夫です。送金先アドレスがコインチェックの物ならコインチェックと書くなり、自分が分かるように入力しておきましょう。

出金制限の解除方法

右上の『Account(アカウントボタン)』を押すと下の画面になります。

通常ですと2BTCが出金限度ですが、身分証明書を提出する事で出金を50BTCに増やせます。

身分証明書一覧

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 特別永住者証明
  • マイナンバーカード
  • パスポート

身分認証完成ボタンを押すと下記のページになります。

日本語対応していますから、記載の通りに写真をアップロードすれば大丈夫です。

身分証明書は基本的にパスポートを推奨します。

Binance(バイナンス)の使い方

トレード画面の見方:ビットコイン建てとイーサリアム建て

入金が完了したら早速トレードしてみましょう。

トップページの下の方に下の画面の様な表示があります。ここから欲しい銘柄を選んでトレード出来ます。

国内取引所と変わらないくらい使いやすい取引所なので、特に困らず仮想通貨を購入出来るはずです。

BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)それぞれでトレードできる通貨もやや違います。

そして欲しい通貨をクリックすると下の画面が表示されます。

この画面で取引が可能です。

仮想通貨(暗号通貨)の買い方・売り方

トレードはすべてビットコインで行われますので、日本円換算で常に資産を計算している人は気を付けてくださいね。

買うときも売るときも入力方法は下の画面の通りです。

売買方法

  1. Priceに通貨を買いたい金額(BTC建て)で入力
  2. Amountに通貨の欲しい量
  3. TotalにいくらBTCを使うのかが自動で表示・または使いたいBTCの量を入力してもOK

海外の取引所は日本円で買えませんから、BTC(ビットコイン)で通貨の値段を考える事を日ごろからやっておくのも大事です。

より細かい使い方やバイナンスの今後の展開については別記事で解説しています。

バイナンスの登録方法・使い方:まとめ

初心者で国内取引所を使っている方も多いと思いますが、「すぐに海外取引所でのトレードをおすすめします」

私は最初ずっと意地で国内取引所を使っていましたが、それは儲かる可能性を自分で減らしていたのだと今では思います。

最初は少し抵抗があるかもしれませんが、バイナンスは日本語対応もしていますし、海外取引所でトレードをする事は非常に面白いですから、是非試してみて下さい。

ご紹介したバイナンスですが、今後日本円で仮想通貨(暗号通貨)を購入出来る様になるかもしれません。

という記事でも触れましたが、バイナンスは東京にオフィスを構える準備をしているとの事です。

これがもし本当に実行されるとしたら、日本円で買えるアルトコインの数が物凄く増えますね!

今後もバイナンスの動きから目が離せなくなりました。

【メタマスク作成方法】

MetaMask(メタマスク)の使い方。chromeで使える定番walletに送金してico参加やトークン管理をしよう!

metamask-how-to-use

イーサリアムのウォレットと言えば、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)が有名ですが、もっとお手軽で扱いやすいイーサリアムウォレットがあります。

「MetaMask(メタマスク)」と呼ばれているウォレットで、なんとChromeブラウザのプラグインとして動作するのです!

もちろん、Chrome上でしか使えませんので、他のブラウザ、例えば Microsoft Edgeや、Firefoxなどを使っている人は、この機会にChromeもインストールしてしまいましょう。

また、ICOによっては「MyEtherWalletでないとダメ」や、逆に「MetaMaskでないとダメ」というものもありますので、両方持っておくと便利ですね。

MetaMaskには、秘密鍵をインポートする機能もありますので、いま使っているMyEtherWalletの秘密鍵をインポートすると、MetaMask上でMyEtherWalletのウォレットにもアクセスできますよ。

他にも、

  • ブラウザウィンドウの右上で動作するので作業がラク
  • 新しいイーサリアムアドレスの生成が簡単
  • 複数アドレスを1つのウォレットで管理可能
  • EtherDelta(イーサデルタ)取引所を使うときは必須

など、メリットがたくさんありますので、この機会に是非作っておきましょう。


 

MetaMask(メタマスク)をChromeに追加する方法

メタマスクはChromeブラウザのプラグインですので、まずはプラグインをインストールするところからはじめます。

Chrome以外のブラウザでは、メタマスクは使えませんので、注意してくださいね。

まず、Googleなどの検索エンジンで「Chrome ウェブストア」を検索して、Chromeウェブストアを表示してください。

MetaMaskのインストール

metamask-how-to-use2

    1. Chromeウェブストアの検索ボックスに「MetaMask」と入力して検索

→※必ず「https://metamask.io提供」のものを追加してください。それ以外のものは偽物です。

  1. MetaMaskが表示されるので「+ CHROMEに追加」をクリック
  2. 「MetaMaskを追加しますか?」と表示されるので「拡張機能を追加」をクリック

これでChromeのプラグインのインストールが完了しました。

ブラウザの上部に狐マークのアイコンが表示されますので、それをクリックします。

このアイコンをクリックすることで、MetaMaskが起動します。

metamask-how-to-use3

  1. 狐マークのアイコンをクリック
  2. 表示内容を確認して「Accept」をクリック
  3. 下へスクロールし、表示内容を確認して「Accept」をクリック

次にMetaMaskのパスワードの設定画面が表示されます。

大事なコインを管理するウォレットですので、半角英数記号を合わせて最低でも32文字以上のパスワードを設定しておきましょう。

metamask-how-to-use4

    1. 設定するパスワードを入力
    2. 「CREATE」をクリック
    3. 表示されているSEED情報(12個の英単語)を控える

→パスワードと同じくらい重要

  1. 「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリック

このSEED情報は、このウォレットが何らかの原因により紛失した場合(アクセスできなくなった場合)に、ウォレットを復元するためのものです。

絶対に第三者に漏れないように、大切に保管してください。

画面一番下の「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると、このSEED情報がテキストファイルとして保存することができますよ。

SEED情報を使ってウォレットを復元する場合は、起動画面にある「Restore from seed phrase」をクリックして、12個の英単語を入力してください。

ウォレット名の変更

MetaMaskは複数のウォレットを作成できますので、今回作ったウォレット名を変更しておきましょう。

metamask-how-to-use5

  1. ウォレット名(「Account1」)の上くらいにマウスカーソルを移動
  2. 「edit」と表示されるので、それをクリック
  3. ウォレット名を変更して「Save」をクリック

MetaMaskの基本的な使い方(入金と送金方法)

メタマスクは、Chromeブラウザのどのタブ(ウィンドウ)からも表示できますので非常に便利です。

ここでは、ウォレットの最も基本的な機能である、入金と送金方法について説明しますが、どれも簡単ですのですぐに使いこなせると思いますよ!

ウォレットへの入金方法

metamask-how-to-use6

ウォレットへの入金は、このウォレットのアドレスを送金元の宛先に入力しますが、このウォレットのアドレスの表示方法は2つあります。

1つは、QRコードでアドレスを表示する方法。

これはウォレット名の右横の三点リーダーアイコン(「…」)をクリックして、「Show QR Code」を選択します。

すると、画面が切り替わってアドレスのQRコードが表示されます。

もう1つは、クリップボードにアドレスをコピーする方法。

これも同じようにウォレット名の右横の三点リーダーアイコンをクリックして、「Copy Address to clipboard」を選択します。

表面上、何も変化はありませんが、これでアドレスがクリップボードにコピーされていますので、そのまま送金元の宛先にペーストできます。

QRコードが表示されている画面の下にあるアイコンをクリックしても、アドレスをクリップボードにコピーすることができます。

ウォレットからの送金方法

metamask-how-to-use7

  1. ホーム画面で「SEND」をクリック
  2. 送金先アドレスを入力
  3. 送金数量を入力
  4. 「NEXT」をクリック
  5. 確認画面が表示されるので「SUBMIT」をクリック

確認画面で「REJECT」をクリックすると中止することができます。

ログアウト(ロック)する場合は、ホーム画面の右上のハンバーガーアイコン「三」をクリックして「Lock」を選択してください。

EtherScan(イーサスキャン)の表示

送金したコインがどうなっているか心配になったことはありませんか?

そんなときに便利なのが Etherscan です。

イーサリアムのブロックチェーン上で、いま送金したトランザクションがどのような状態になっているのか、確認することができます。

metamask-how-to-use8

ウォレット名の右横の三点リーダーアイコン(「…」)をクリックして、「View account on Etherscan」を選択すると、このウォレット(アドレス)のトランザクションが表示されます。

複数ウォレットを管理するためのメタマスクの機能

メタマスクは、1つのツールで複数のウォレットを作ることができます。

また、既に使っているMyEtherWalletなど他のウォレットをインポートして、メタマスク上で使うこともできます。

まずは、複数のウォレットを作ってみましょう。

新規ウォレットの作り方

metamask-how-to-use9

  1. ホーム画面上部の人のアイコンをクリック
  2. 「Create Account」をクリック

「Create Account」をクリックすると、新しいウォレットが作成されます。

必要に応じてウォレット名の変更などを行いましょう。

もちろんメタマスク内のウォレット同士の送金もできますよ!

また、先ほどと同じように画面上部の人のアイコンをクリックすると、ウォレットの一覧が表示されますので、そこで表示するウォレットを切り替えることができます。

ウォレット名の左側の丸い模様は各ウォレット(アドレス)ごとに違います。

既存のウォレットの追加(インポート)

metamask-how-to-use10

  1. ホーム画面上部の人のアイコンをクリック
  2. 「Import Account」をクリック
  3. 「Private Key」(秘密鍵)、または「JSON File」を選択
  4. インポートするウォレットの秘密鍵を入力(「Private Key」を選択した場合)
  5. 「IMPORT」をクリック

3.で「JSON File」を選択した場合は、4.でJSON Fileを選択してください。

一度作成したウォレットを削除する場合は、SEED情報をバックアップし、再度メタマスクを新規作成した後、SEED情報を使ってウォレットを復元するしか方法がありません。
必要な分だけ作成するようにしましょう。

 

♦︎暗号通貨スクール

開校しています。お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

尊敬する人見さんの言葉を広げてます。みなさまのお力添えを頂くと、嬉しいです。よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除

【MyEtherWallet(マイイーサウォレット)シンボルトークン追加方法】

画面の見方について

こちらがログイン時のトップページになります。この画面では自分の「ウォレットのアドレス」「イーサリアム保有数(アカウント残高)」「仮想通貨の保有数(トークン残高)」を確認することができます。

ちなみにトークン残高はウォレットに入っているイーサリアム以外の通貨の残高になります。

トークン残高については”Show All Tokens”をクリックするとマイイーサウォレットで扱える仮想通貨の一覧を見ることができます。

ICOなどで特別なトークンを受け取る場合は「カスタムトークンを追加」をクリックし、受け取りたいトークンを選択することができます。

Show All Tokens

マイイーサウォレットの”Show All Tokens”を選択すると取扱通貨一覧が出てきます。

このようにイーサリアム以外の多くのトークンをこのウォレット一つで管理することができます。

カスタムトークンを追加

特別なトークンを追加する場合、「カスタムトークンを追加」で設定します。

カスタムトークンを追加をクリックします。

追加したいトークンアドレス、シンボル、桁数を入力し、「保存する」をクリックすれば完了です。

トークンアドレス、シンボル、桁数はICOが公式で指定されたものを入力して下さい。それぞれの公式ホームページなどに記載されています。

コインの送金方法

メニューバーからトークンの送出を選択し、その後ログインを行います。

ログイン後に「宛先アドレス」「送出するイーサリアムの量」「ガスリミット」を入力し、「トランザクションを生成」を選択します。

ガスリミットとは、イーサリアムの送金スピードのことであり、通常は21000となっています。ただ、ICOなどでガスリミットの数量が指定されている場合は、その数量を入力します。

速く送金したい場合にICOではガスリミットを通常よりも大きい数値で指定されていることがあります。

「トランザクションを生成」をクリックした後に、「トランザクションの送出」をクリックして送金を行います。これで取引が承認されれば送金は完了です。

【スペクトロコイン(Spectrocoin)カードのアカウント開設】

アカウント開設の方法

スペクトロコイン(Spectrocoin)カードのアカウント開設は簡単です。

簡単に流れを言うと

:メール・パスワード登録
:個人情報入力(プロフィール更新)
:デポジット
:カードオーダー
:カード到着までの間に本人確認・住所確認書類アップ
:カード到着後アクティベーション
:カードにチャージ
:実際に使ってみよう

の流れです

ここでは、まずメール・パスワード登録をしていきましょう。

|トップページへ行く

まずはクリック!

こちらをクリック!!

トップページへ行きます

|:サインアップ(SiGN UP)

中央のメールアドレス入力欄に任意のアドレスを入力し「登録(SIGNUP)」をクリックします。

*メールアドレスは、プロバイダーによっては受け付けられない場合があります。その場合はほかのアドレスを使いましょう。当サイト管理人はGmailアドレスで通りました。

↓英語が苦手な方は右上の「地球マーク」をクリックし日本語へ変えられます。

↓日本語版

|:届いたメール認証

しばらくするとメールが届きますので、メール本文の認証URLをクリックしてください

|:フォームの入力

次に現れる画面でフォームを入力していきます。

メール・パスワード・利用規約の閲覧・同意にチェック・reCAPTCHAにチェックし最後に申し込みボタンをクリックします。

*パスワードは半角英語の大文字と小文字と数字を組み合わせてください。(申し込みできない場合はパスワードに使われる文字が有効でないものかもしれませんので、ほかの組み合わせで試してください)

|:完了

これで完了です

メール・パスワード登録が完了し、ログインできるようになります。

【ビットフライヤー(bitFlyer)口座の作り方】

ビットフライヤー(bitFlyer)口座の作り方

当ページはbitFlyer (ビットフライヤー) のアカウント開設方法について、画像付きで分かりやすく解説しています。

 

まずアカウント開設の流れをザックリ言うと、

  1. メールアドレスを登録 (Facebookアカウント/ Yahoo!ID/ Googleアカウントでの登録でも可)
  2. プライバシーポリシー等に同意
  3. 本人情報登録/ 本人確認資料の提出/ 取引目的の確認の入力/ 銀行口座の登録
  4. 本人確認資料が承認されるまで待機 (1~3日程度)

となります。

 

作業1~3の所要時間は約10分ですし、本人確認資料が承認されるまでの時間は作業1~3を終えてから約1日後となります。

 

アカウント開設の概要はこんな感じなので、次から具体的な開設の流れを紹介します。

メールアドレスを登録し、bitFlyerにログインしよう!

まずbitFlyerの公式サイトに移動し、メールアドレスを何か1つ用意し、アカウント作成をクリックします。

 

(Facebookアカウント/ Yahoo!ID/ GoogleアカウントでもOK)

 

 

 

すると登録メルアド宛に、bitFlyerのURL (赤枠) やキーワード、初回パスワード等が記載されたメールが届きます。

 

 

 

と同時に、以下のような画面が表示されます。

 

 

そしてbitFlyerのURLをクリックするか、あるいは上記画面にキーワードを入力し、「アカウント作成」をクリックするかすると、コインを手に浮かしてるお姉さんの画面に移動します。

 

 

そして4つのチェックボックスすべてにチェックを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリックすると、自分のアカウントにログインができます。

 

 

 

 

ちなみにログインすると、bitFlyerログイン確認メールが届きます。

 

メールにはログイン日時やログインしたデバイス (パソコン、スマホ等) のIPアドレス等が記載されています。

 

 

ウォレットクラスをトレードクラスに上げるための作業!

bitFlyerにログインすると、画面右下のアカウント情報が、「アカウントクラス ウォレットクラス」となっているのが分かります。

 

 

 

実はbitFlyerでは、アカウントクラスをウォレットクラスからトレードクラスにグレードアップさせないと、日本円で仮想通貨 (ビットコイン、イーサリアム等) の購入・売却ができない仕組みになっています。

 

 

なので日本円でそれらの購入・売却を行うには、トレードクラスへのグレードアップが必須となります。

 

 

しかしグレードアップは、「ご本人情報の登録」「お客様の取引目的等のご確認」「ご本人確認資料のご提出」の3つを行い、このすべてが承認済 (や入力完了) になれば、自動的にトレードクラスに昇格します。

 

(グレードアップするだけなら上記の作業だけで十分ですが、日本円で仮想通貨を購入・売却するには銀行口座の登録が必要なので、ついでに口座情報も登録しましょう)

 

ということで、それぞれ順番に作業を行っていきます。

 

■ご本人情報の登録

 

本人情報の登録項目は、以下のようになります。(クレジットカード申込などの場合とほぼ同じ)

  • 姓/ 名/ 生年月日/ 国/ 郵便番号/ 都道府県/ 市区町村/ 町名・番地/ 固定電話番号 or 携帯電話番号 (必須)
  • マンション名/ お部屋番号 (マンション・アパート等の人限定)
  • 性別 (登録してもしなくてもOK)

 

 

入力を終えると、「登録情報を確認する」をクリックします。

 

 

 

登録情報の間違いがないかを確認し、なければ「ご本人情報を登録する」をクリックします。

 

 

 

すると先ほど「未入力」だった「ご本人情報のご登録」が、「入力完了」に変わったのが確認できます。

 

 

こんな感じで残り3つの作業も進めていきます。

 

 

■お客様の取引目的等のご確認

 

この項目は超単純で、

  • 申込者本人またはその親族が、外国の重要な公人であるか否という問い (ほぼすべての人は、赤枠の方にチェックが入ると思います)
  • 申込者本人の職業、取引の目的

に回答すればいいだけです。

 

 

回答が終わると、「入力する」をクリックします。

 

 

■ご本人確認資料のご提出

 

本人確認資料は運転免許証やパスポート等、色々なものを選択できますが、基本的には運転免許証でOKです。(管理人も運転免許証を選びました)

 

 

 

運転免許証の場合、その表面と裏面の様子がはっきり分かるような画像をアップロードします。

 

 

 

アップロードは超簡単で、赤枠の「画像ファイルを選択する」をクリックし、表面や裏面に対応するファイル名の画像を選び、「開く」をクリックするだけです。

 

こうしてアップロードを終えたら、「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

 

(管理人の場合、photoという画像が免許証の表面になります)

 

 

 

■銀行口座の登録

 

銀行口座の登録は、その口座が自分名義のものであり、その口座にて自分のアカウントに入金することを、bitFlyer側に伝えるために行います。

 

 

 

必要事項 (銀行名・支店名・名義など) を入力したら、「登録情報を確認する」をクリックします。

 

 

(そしてその次のページで必要事項を見直し、登録情報を確定させます)

 

 

これにてトレードクラスへのアップグレード、仮想通貨の購入・売却に必要な4つの作業は終了になります。

 

そして未入力や未提出だったステータスが、入力完了や承認待ちに変わるのが確認できます。

 

 

 

後はbitFlyer側からアップグレード完了の連絡メールが来るまで待機します。(約1日)

 

アップグレードの完了 (=アカウント開設の完了)

以下のようなメールが届くと、日本円での仮想通貨の購入・売却を行える体制がやっと整います。嬉

 

 

 

また、アカウント情報を見ると、アカウントクラスがしっかりトレードクラスに上がってることが確認できます。

 

 

これにてアカウント開設作業は終了なので、次は登録した銀行口座に入金を行います。

 

入金により、bitFlyerアカウントで仮想通貨の購入・売買等が自在に行えるようになります。

 

 

ということで、bitFlyerを利用するにはまず口座開設が必要なので、まだの人はこの機会にさっさと開設してしまいましょう!

 

【⇒ bitFlyerの公式サイトへ】

ビットフライヤーのホームページにアクセス

    • bitFlyer→バナーをクリック

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式HPかヘルプにて、詳細な情報をお問い合わせください。

【暗号通貨取引所  EtherDelta(イーサデルタ)の基本的な使い方】

EtherDelta(イーサデルタ)の基本的な使い方に関してのブログになります。

初めて利用したときは、結構手こずったので自分用の備忘録としても残しておきます。

 

因みに、EtherDeltaの特徴を言うなら

・何するにしても手数料がかかる

最近はトランザクション増加で諸々遅い

手入力で価格設定をミスると地獄を見る場合がある

 

EtherDeltaの基本的な使い方

MetaMaskとEtherDeltaの連携

EtherDeltaで取引を行う際は、MetaMaskやマイイーサウォレットというイーサリアムウォレットを連携する必要があります。

EtherDeltaの右上にあるプルダウンメニューをクリックするとメニューが表示されます。

その中にある、Import Accountをクリックします。

ここにMetaMaskかマイイーサウォレットのIDを入力するとEtherDeltaとMetaMaskの連携が完了します。マイイーサは秘密鍵も必要です。

この際、MetaMaskやマイイーサに、ETHや各トークンを保管している状態だと、EtherDeltaにも反映されます。

もし、MetaMaskに取引用のイーサリアムを送っていない方は取引を行う前に送ってください。

EtherDeltaにイーサリアムやトークンを送金する

EtherDeltaで取引を行う場合は、MetaMaskに保管されているイーサリアム、トークンをEtherDeltaに一度送る必要があります。

左上のBalanceメニューにあるDepositよりEtherDeltaで使うイーサリアム、トークンの値を入力し、Depositをクリックします。

Gas LimitやGas Priceを入力する画面に飛びますがここで注意になります。

各数値を上げればその分、送金も早くなりますがその分手数料も取られてしまいます。

逆に各数値を下げると手数料は安くなりますが、送金が弾かれてしまい手数料だけ無駄に取られてしまうこともあります。

デフォルトだと250,000Unit , 4Gweiで手数料0.001ETHなのでデフォルトのままで送ることを推奨します。なので、手数料の設定が特にない場合はSubmitをクリックします。

急ぎで取引を行いたい場合はGas LimitやGas Priceの数値を任意で上げてください。

※この際、ウォレットの中に0.05ETHほど残しておかないと画像のように、ガス不足で送金ができないなどがあるので注意

Walletにあった各種の数値が、EtherDeltaに反映されていれば、取引用のイーサリアムやトークンを送金することができたので取引を行うことができます。

また、EtherDeltaに送ったのと同じく、Withdrawからの処理を行えば、EtherDeltaからMetaMaskへイーサリアムや各トークンの送金を行うことが出来ます。

この際も、Gas Limit,Priceの設定がありますが、デフォルトのまま送金を推奨します。

トークン移動方法


左上転送から枚数を入れ、受け取りアドレス入れて、撤退です。

 

EtherDeltaで取引を行う

EtherDeltaにイーサリアムやトークンが送金できたら、いよいよ取引を行います!

自分が欲しいトークンとETHのペアを探します。今回はCDTを選択しています。

取引方法としては、主に2つあります。

1.ORDER BOOKに既に出ている注文より取引を行う。

2.NEW ORDERで新しく取引注文を出す。

 

1の場合は、ORDER BOOKより注文をクリックすると取引量と取引価格を入力する項目が表示されるので希望取引量を入力します。

ORDER BOOK内の赤い数値が売り注文緑の数値が買い注文になります。

※取引所と違い、個々で注文を出しているので、売り注文より買い注文のほうが価格が高いということもあります。

取引量と取引価格を決めたら、Buy もしくは Sell を押すと再度手数料の画面へ行きます。

ここで、手数料に問題なければ、SUBMITを押すことで、取引の注文が行われ、トランザクションIDが発行されます。このときに、もし、取引を行いたくない場合はREJECTを押してください。

2のNEW ORDERで取引注文を出す場合は購入(売却)したいトークンの総数、売値を入力する必要があります。※この際も送金手数料が必要になります。

ここで注意が必要なのは、価格設定を手入力する際はミスをし易いので気をつける必要があるということです。

上記のblockfolioのアプリを利用したチャートを見ていると、おかしなチャートが出来上がっていますが、これは値段を誤って付けてしまったためです。

もし、価格設定を誤ってしまった際は早急にキャンセル処理を行ってください。

※もちろん、キャンセルにも送金手数料が必要になります。

1、2のどちらの場合でも、トランザクションIDが発行されると取引の処理が開始します。

発行したトランザクションIDをクリックすることでetherscanに飛ぶので、送金状況や取引状況はそちらを確認ください。

正常に取引が行われているとBalanceにトークンやイーサリアムが反映されていますがガスの設定を誤ると、エラーが吐かれて取引はなかったことになってしまいます。

因みにガス手数料をケチるとこのようにエラーが吐かれ、取引は未成立だし、手数料も取られるということも有り得ます。ご注意ください。

最後に

今回はEtherDeltaの基本的な使い方に関してでした。初めての方には少々難しい気がするので、今後も説明が足りていないと思う箇所に関しては追記していきたいと思います。

個人的な話ですが、Depositや取引注文、ウォレットに戻す際にもトランザクションを吐き出し、手数料が発生するのが少々煩わしいですね。。。

最近では、トランザクションが増加しているようで、Depositするだけでもデフォルトのガス設定では時間がかかったりします。そこら辺も考慮した上で取引を行っていきましょう!!

それでは今日はこの辺で^^

see you!! tikisadaでした^^
google_plustwitterFacebookby feather

友だち追加数
人生の旅人 時貞のブログへ

Instagram

メルマガ購読・解除
人生の旅人 時貞のメルマガ


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

【UQUIDデビットマスターカード】

ビットコインやアルトコインでチャージが出来るのが大きな特徴です。

 

UQUIDアカウントに暗号通貨(仮想通貨)でチャージができます。

チャージした暗号通貨はUSD/EUR/GBPに換算されて入金されます。

カードは、USD/EUR/GBPで利用します。

登録はこちら↓↓↓

2017.6.6現在、ビットコイン以外に、77のアルトコインでチャージ可能です。

リアルタイムデポジットに対応しているコインは、上限もなく、5分~30分で送金完了します。

※銀行振込・アリペイ・Paysafeなど他の入金方法もあります。

 

カードのブランドは マスターカード です。

ヨーロッパ発行のマスターカードです。

 

カードの種類

カードは、プラスチックカードとバーチャルカードの2種類があり、

通貨は、ドル・ユーロ・ポンドの3種類があります。

カードはこの6種類から選んで注文します。

実店舗で利用する場合は、プラスチックカード

オンライン決済のみであれば、バーチャルカードでもよいかと思います。

 

ATMで現金化が出来ます。

日本国内のATMで引き出すことが出来ます。

※KYCなしの場合は、制限があります。

 

KYC

本人確認の認証をすると、カードの上限が上がります。

アップデートするには、

本人確認書類(運転免許証/パスポート)+住所証明書をアップロードします。

審査が通れば完了です。審査には、3~4営業日かかります。

アップグレードは、カード到着後に行います。

 

 

ビットコイン・アルトコインでチャージが出来るデビットカード

 

登録はコチラから↓↓↓