【分散型取引所 SingularX 解説使用方法】

分散型取引所SingularX

分散型取引所はいろいろありますが、
このSingularXもその一つになります。

分散型取引所というのは、
通常の取引所とは異なり、ユーザ毎に自身のウォレットを連携させてユーザー間で取引を行います。

分散型のメリットは、取引所ハッキングのリスクがないということです。

デメリットとしては、まだ多くの分散型取引所は手数料が高えってことです。

ちなみにSingularXはETH建ての取引になります。
よって、今回のセントラリティもイーサリアム(ETH)で購入する必要があります。

METAMASKでSingularXにログイン

SingularXにアクセスすると、

ウォレット作りますか?どうしますか?

選択肢が出て来ます。

SingularXでETHウォレットを作成することもできます。

が、セキュリティの観点や使い勝手などから個人的にはMETAMASKを利用することをおすすめします。

METAMASKはGoogle Chrome拡張機能でウォレット管理できる優れものです。
MEW(MyEtherWallet)でも推奨されています。

メタマスク作成方法はこちら

MyEtherWalletからMETAMASK(メタマスク)を使ってイーサリアム(ETH)送金

既存のMEW(MyEtherWallet)のアドレスをMETAMASKにインポートすることも可能です。

ということでMETAMASKにログインしておきましょう。

METAMASKにログインしたのちに、SingularXにアクセスすると、
METAMASKのアドレスがインポートされます。

SingularXにアクセスしてからでもいいです。
こんな感じで右上に通知が出れば成功です。

 

DEPOSITにETHを移動させる

実はこのままでは取引ができません。

これ、セントラリティのICO参加時のBlockhausもそうだったんですけど、
ここからデポジットへ残高を移行する必要があります。

取引画面の上部から「BALANCES」タブへ移動します。

すると接続しているMETAMASKのETHアドレスの残高が表示されてますね。

Amountに送金したいETH金額を入力して、「DEPOSIT」をクリックします。

するとMETAMASKが起動します。

必要とするETHを送金ください。

ガスリミットとガスプライスはこのままでいいでしょう。

すると入出金履歴(HISTORY)に取引が表示されます。

Pending(保留中)になってますね。

間もなく残高が反映されます。

取引ページの左上側のETHに残高が反映されました。

これで取引が開始できます!

セントラリティ(CENNZ)の購入方法

まず、取引画面の真ん中下のほうに「Volume」というタブがあると思います。

その中に、CENNZ/ETHってのがありますのでクリックします。

の直リンクでもOKです。

購入方法は2種類あって、

  • 売り板の注文から買う
  • 指値で買い注文出す。

売買板がこちら。

売り板の注文から買う

まず現在存在している売り注文の中から、購入する方法です。

これどうやら、通常の取引所とは異なり、
ユーザの注文毎での注文が必要のようです。

とりあえず一番安くて、自分の注文したいETH金額分以上の注文を、売り板から選択(クリック)します。

するとNew orderの部分に数値が入力されます。

ここで、Amount to buyを自分が購入したい量で調整します。

選択した注文にデフォルトで入ってるAmount to buyが最大数量です。これが実際売り注文だしてる人の数量になりますので、これ以上の数値を入力することはできません。エラーメッセージが出ます。

数量を設定したら、あとは「BUY」をクリック。

するとMETAMASKが起動します。

購入画面です。

「SUBMIT」で完了です。

このメッセージが出ればOK。

My transactionsにも表示されました。

売買履歴(Trades)にも表示sれました。

残高も表示されました。

指値で買い注文出す

次は指値で買い注文する場合です。

New orderから、数量(CENNZ)と金額を入力します。

ExpiresはそのままでOKな予感。(ちょっとわかんないけど、注文期限的なやつかな)

そして「BUY」をクリックすると、METAMASK先生が起動します。

メッセージが出てます。

「Sign」をクリック。

すると、注文が作成されます。

斜体になるのでわかりやすいですね。

これが自分の注文です。

指値が刺されば取引完了です。

 

指値注文をキャンセルする

おまけです。指値注文をキャンセルする場合。

単純に、My transactrions > Open orders内のCancel列にある☓をクリックします。

すると、確認メッセージが表示されます。

「CONFIRM」をクリック。

するといつものMETAMASK大先生が出現。
「SUBMIT」をクリックしてキャンセル完了です。

 

とりあえず分散型取引所に慣れよう

いかがだったでしょうか。

通常の取引所と比較して、毎回METAMASK先生が出現したり、
注文飲み込んだりとかができなくて面倒な部分も多いです。

どこまでこの分散型取引所が浸透するのでしょうね。

また分散型取引所については、今後来る(かもしれない)分散型取引所の時代のために慣れておきましょう。

まあでも僕も誰に教わったわけでもなく使えたので、そう難しくないはずです。

ちなみに購入できてから、トークンをウォレットに移動する方法については、違う記事で詳しく解説しています。

 

♦︎暗号通貨スクール開校しています。

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

尊敬する人見さんの言葉を広げてます。みなさまのお力添えを頂くと、嬉しいです。よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA