【一緒にごはんを食べるカップルが仲良しである「8の理由」】

Elite Daily」のライターAshley Fern氏によると、一緒に食事をする回数が多いほど、カップルの関係は長続きする傾向にあるのだとか。その理由を参考にしてみましょう。以下に、彼女の記事を紹介します。

01.
リラックスして会話ができる

00068109145_Large

食事をするという行為は、最も簡単にリラックス効果が得られる方法だと言われています。お互いゆったりと会話を楽しめるのは良いですよね。

02.
料理をシェアできる

いろいろな料理を2人で分けて食べられるというのも◎。食べてくれる人がいると、料理もより楽しくなり、いろんな料理に挑戦するようにもなります。レパートリーが増える!

03.
食べ物の好みで
性格がわかる

00024586228_Large

好きな食べもので、だいたいの性格がわかると言います。辛いもの好きは、スリリングな体験が好き、甘いもの好きは優しい、酸っぱいもの好きは周りに厳しい……など。彼への理解を深めることもできます。

04.
セックスのための
エネルギーチャージ!

たくさん食べればエネルギーもチャージされますから、夜の営みも活発に!?

05.
同じタイミングでお腹が空く

C

2人で同じメニューを食べるわけですから、お腹が空くタイミングもだいたい似てきますよね。となると、眠たくなるタイミングなど、他のスケジュールもだいたい似てくるのです。

06.
食事時間には役割を分担

「今日は私が料理を作るから、あなたは洗い物担当ね」
役割分担をすることで、新婚さん気分を味わえるというのもひとつのポイントかも。彼に結婚を意識させたい!と思ったら、一緒に食事をとる回数を増やすことからはじめてみるのもいいかも!?

07.
一緒に楽しんだ後は
一緒に健康に

00063610389_Large

たとえば、食べ過ぎた次の日は2人でジムへ。お互いの食生活が把握できていれば、健康のサポートもできます。

08.
素敵な思い出になる

たとえどんな大喧嘩をしたとしても、一緒に食事をするだけで仲直りできちゃうことも。ありふれた言葉かもしれませんが、お腹が満たされると、心も満たされるんです。

今日も読んでくださりありがとうございました。

午後からも笑顔でファイト!!

google_plustwitterFacebookby feather

友だち追加数
人生の旅人 時貞のブログへ

Instagram

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA