投資初心者にありがちな「誤った知識」とは?

筆者は子ども向けの投資教育に関する講演を行うことが多い。その際、子どもではなく同席した親から質問を受けることが多い。子どもに対して家庭でどのように金融教育をすればよいのか、という質問を受けることがほとんどだが、親自身の資産運用について質問を受けることもある。経験者の場合は具体的な質問が多いが、投資を始めたいけど何から始めればいいか分からないという投資未経験の方と話していると、投資に対して過度な期待と不安、両方を抱いているという印象を受けることが多い。本稿を通して投資に対する誤った知識を是正できれば幸いである。(株式会社マネネ 代表取締役社長CEO 森永康平)

投資に充てる資金は「なくなってもいいお金」

老後資金や子育てにかかる資金に不安を感じているものの、銀行に預けておいてもほとんど利子がつかないため、投資をして少しでも資産を増やしたいと考える人は多い。非常に素晴らしい心掛けである。しかし、投資に充てるのに適切な資金の性質を理解していない方も散見される。

それでは、どのような性質の資金を投資に充てるのが適切なのか。「必要のないお金」や「なくなってもいいお金」と言うと語弊があるのだが、最悪のケースが起きて投資に充てていたお金が全てなくなってしまったとしても、すぐには問題にならないお金を投資に充てるべきである。筆者はよく「余資」という言葉を使ってしまうが、その表現は必ずしも正確ではないかもしれない。ただ、ここで言いたいことは分かっていただけるだろう。

相場が大きく下がった日にTwitterやネット上の掲示板を見ていると、かなり怒っている投資家を見かける。筆者が証券会社や運用会社に勤務していた時も、やはり相場展開が軟調だと苦情の電話は掛かってきていた。自分の資産が目減りすることを快く思わないのは当然であるが、投資に充てている資金の性質や、全資産に占める投資資金の割合によって、相場が大きく下がった時の精神状況も異なってくるだろう。

プロの投資家を目指しているのであれば話は変わってくるが、前述の様に将来の為の資産形成という目的で投資を行うのであれば、やはり相場が下がった時に精神衛生上、負の効果が生じるような資金を投資に充てるのは避けるべきだろう。

損失は限定的だが利益は青天井

投資未経験者や初心者に見られる現象の1つに、過度に不安を抱いている点も挙げられるだろう。前述の様に、投資に適した性質の資産の範囲内で投資をしていた場合、仮に最悪のケースが起きたとしても、投資に充てた資産がゼロになるだけである。一方で、意外と語られることのないことだが、利益に関しては上限がない。つまり、「青天井」ということだ。

どうも投資に対して過度に不安を抱いている方に話を聞いてみると、最悪のケースでは投資資産がゼロになるどころか、マイナスになると思っている節がある。つまり、借金をしたり、取り立てにあうと思っているようだ。

どこでそのような情報を聞いたのかと尋ねると、たいていネットで拾った情報だというが、それはレバレッジをかけた場合に起こりうるケースでしかない。

たしかに、短期間で資金効率を上げて、大きく稼ごうとすると、レバレッジを活用する必要も出てくるが、そもそも将来に備えた資産運用なのであれば、レバレッジを掛ける必要は一切ない。

投資の世界に足を踏み入れるにあたって、多少の恐怖感は持ち続けておいた方が、結果的に安定したパフォーマンスを残せるようになるかもしれないが、過度に不安になる必要はない。

将来は誰にも正確に予測できない

投資に過度に不安を抱いていると書いたが、同時に過度な期待もしていると感じることがある。ある程度お金を払えば、優良な情報が手に入ると思っている方が時折いるが、その根拠を聞くと、ネット上で「絶対に騰がる銘柄を教えます」などの広告を見たという。しかし、残念ながら、そんなものは存在しない。投資を始めるうえで、必ず胸に刻んでほしいことがあるが、そのうちの1つは「将来は誰にも正確に予測できない」ということである。

将来は正確に予測できないという前提の下、いかに不確実性を排除していくかという工夫が重要になってくる。

○○という銘柄に投資して、1年で資産が倍増した、というような話も聞くかもしれないが、確かにそのようなことも起こり得るのが株式市場である。しかし、当然ながらその逆のケースも起こり得る。

1つの銘柄に集中投資をすれば、その銘柄が一気に上昇すれば資産も同じ割合で増える。しかし、それはその企業と自分の資産を一蓮托生にするということである。いくつもある投資格言の中でも最も有名なものとして、「すべての卵を一つのカゴに盛るな」というものがあるが、投資に充てる資産は複数の投資対象に分散するべきである。将来がどうなるか分からないからこそ、リスクを分散するということが重要になってくる。

結果を感情のままに流さない

投資というと、さまざまな知識が必要で、非常に難しく感じるかもしれない。それは一概に誤っているとはいえないが、意外と知られていない点としては、投資をしている間のメンタルコントロールも難しい点の1つであると考えている。

既に株式投資をした経験のある方は理解できるかもしれないが、個人投資家は何かしらの情報を基に投資判断を下している。時として、なんとなく投資判断をしていることもあるかもしれないが、基本的にはアナリストのレポートや、新聞やネット上の記事など、他人から発せられる情報を基に投資判断をすることが多いだろう。

自分の下した投資判断の結果、その投資が上手くいった場合、多くの人は自分の判断が正しかったと、成功の要因を自分の中に見るが、上手くいかないと参考にした情報を悪く考える傾向があり、失敗の要因を自分の外に見ることが多い。人間というものは身勝手な考え方をしがちである。結果がどちらに出たとしても、その要因をしっかりと分析しなくてはいけない。結果が出た時に感情に流されるまま、その点を曖昧のまま次の投資へ向かうのは非常に危険な事である。

また、自分が投資している企業の株価が下落し続ける時、多くの初心者の投資家は損切りができぬまま保有し続け、気づけば手の施しようのない塩漬け銘柄が生まれてしまう。また、仮に損切りをしたとしても、早急にその損を取り返そうとして、根拠もなく新たな投資を始めてしまいがちである。どうしても人間は感情によって行動を促されてしまうため、そこをいかにコントロールするかが非常に重要になってくるのだ。

これまで、いくつかの投資に対する誤った知識や認識を是正してみたが、いかがだっただろうか。何も知らないことや、誤った知識を持つことで不安は増幅されていくが、正しい知識をもって接すれば、投資は人生を豊かにしてくれる手段の1つである。

正しい知識を身に付ける為に、お金をかける必要はない。経済学の基礎的な概念や財務諸表の基本的な読み方を身に付けるために、本屋で自分にあった書籍を見つけて読み込み、あとは自分のお金を使って投資をして少しずつ学んでいけばよい。是非、これを機に正しい知識を身に付けてみてはどうだろうか。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA